More
    レキシジン 第1部「大東亜/太平洋戦争への流れ」 1章「戦争前後で何が変わったのか」 サイトマップ「大東亜戦争 / 太平洋戦争の原因と真実」

    サイトマップ「大東亜戦争 / 太平洋戦争の原因と真実」

    サイトマップ「大東亜/太平洋戦争の原因と真実」

    第一部:侵略か解放か? 日本が追いかけた人種平等の夢

    第1章 ふたつの世界地図はなにを語るか

    ふたつの世界地図はなにを語るか〜日本が追いかけた人種平等の夢〜

    第2章 白人による有色人種殺戮と略奪の500年の歴史

    1.コロンブスの「発見」から始まる奴隷の歴史
    2.欧州に繁栄をもたらした奴隷貿易とそれを支えたキリスト教
    3.インディアン・アボリジニの悲劇
    4.なぜアジアは狙われたのか?欧米列強のアジア侵略
    5.欧米列強はこうして植民地を支配した
    6.植民地化されたインドネシアとインドの悲劇
    7.日本はなぜ植民地化を免れたのか

    第3章 大東亜戦争への道筋

    1.帝国主義の時代

    (1/3)既得権益を自ら放棄し【明治維新】へ 全ては未来を守るため…
    (2/3)19世紀の世界情勢「東方を征服せよ!」
    (3/3)なぜ朝鮮は日本にとって重要だったのか

    2.日露戦争

    (1/4)中国・朝鮮とともに!アジア主義の始まり
    (2/4)国家の存亡をかけた日露戦争 ロシアの誇るバルチック艦隊出動
    (3/4)日露戦争が世界を変えた 白人支配の歴史を断ち切った日露戦争
    (4/4)日韓併合への道 欧米列強に並ぶ一等国へ

    3.黄禍論と日本人差別

    (1/4)黄禍論とは何か?人種戦争という一つの頂点を目指し、回り始めた歯車
    (2/4)アメリカの対日憎悪 なぜアメリカで日本人移民排斥運動が起こったのか
    (3/4)世界で初めて提議した人種平等法案 なぜパリ講和会議で人種差別撤廃案は通らなかったのか
    (4/4)米国の対日戦争準備 オレンジ計画からワシントン会議まで

    4.満州事変はなぜ起きたのか

    (1/5)満州は唯一の希望だった
    (2/5)満州は中国なのか?満州事変までのいきさつ
    (3/5)全満州制覇までの経過と満州国の建国
    (4/5)国際連盟からの脱退と満州の見果てぬ夢
    (5/5)なぜ満州国は崩壊したのか?開拓史上最大の悲劇

    5.泥沼の日中戦争へ
    (1/10)日中戦争は何を語るのか
    (2/10)盧溝橋に鳴り響いた一発の銃弾
    (3/10)日中全面戦争と南京事件の真実
    (4/10)参謀本部は和平を望み、政府は戦争継続を望んだ
    (5/10)日本は残虐な侵略軍だったのか?歴史に埋もれた真実
    (6/10)日本は世界を征服しようとしたのか?
    (7/10)アジアから突きつけた初めての挑戦状「東亜新秩序」とは
    (8/10)同情は中国に、嫌悪は日本に・・・
    (9/10)なぜ日本は大東亜経済共栄圏を築く必要に迫られたのか?
    (10/10)共産化を防ぐための孤独な戦い

    第4章 日本はなんのために戦ったのか

    1.三国同盟に託した日本の行く末

    (1/5)なぜ日本はナチスドイツに並ぶ悪の帝国と見なされたのか?
    (2/5)ユダヤ人を救え!6千人を救った杉原千畝の『命のビザ』
    (3/5)驚異的なナチスドイツの快進撃。合言葉は「バスに乗り遅れるな!」
    (4/5)欧米に頼らない生存圏をアジアに!大東亜共栄圏が掲げた理想
    (5/5)消えたソ連との四国同盟。自ら自滅に導いたヒトラーのその決断

    2.北部仏印進駐の余波

    (1/7)蒋政権を支える米英仏ソの経済援助。元凶を断つための戦い
    (2/7)平和進駐か武力進駐か。フランスとのギリギリの交渉
    (3/7)ベトナム独立のために立ち上がったラップ将軍
    (4/7)本当に侵略なのか!?仏印進駐後のアメリカの反応
    (5/7)アメリカから見た国際情勢。欧州をドイツが、アジアを日本が支配する悪夢
    (6/7)本格化する対日経済制裁。石油は日本にとっての生命線
    (7/7)石油を求めて日・蘭印交渉へ

    3.すべてを覆した独ソ戦の衝撃

    (1/12)ソ連を巡る当時の世界情勢と各国の軍事力比較
    (2/12)大量の素人外交官を生み、情報戦に遅れをとる原因を作った松岡人事
    (3/12)日ソ中立条約はなぜ結ばれたのか?松岡外相の狙いは昭和史最大の謎
    (4/12)大失敗だった日ソ中立条約。ロシア人にとって「条約は破るもの」
    (5/12)独ソ開戦間近!日本は米英親善へ舵を切るチャンスがあった
    (6/12)ドイツと共にソ連を挟み撃ちにすべきか、それとも…
    (7/12)アメリカの怒りを買う南部仏印進駐はどう決まっていったのか
    (8/12)ついに独ソ開戦、松岡外相が天皇に上奏したその驚くべき内容
    (9/12)ドイツはなぜソ連に侵攻したのか?ヒトラーの本当の狙い
    (10/12)もし日本がソ連に侵攻していたなら、第二次世界大戦で勝者になれたのか
    (11/12)ソ連を救ったスパイ・ゾルゲとコミンテルンの陰謀
    (12/12)仮想、日ソ開戦!ソ連を降伏に追い込める可能性はあったのか

    4.日米諒解案をめぐる攻防

    ・日米交渉は1940年11月の「日米諒解案」に端を発する。日米交渉の前期の動きを紹介。

    5.南部仏印進駐がもたらした経済制裁

    ・南部仏印進駐を決定した日本の思惑とは。石油禁輸に踏み切ったアメリカの思惑とは。

    6.日米交渉に隠されていた真実とは
    ・ルーズベルト陰謀説、コミンテルン陰謀説を紹介しながら日米交渉を追いかける。

    7.なぜ開戦を決意したのか
    日本はなぜ日米開戦を決意したのか、日本側の開戦までの動きを追いかける。

    第二部.レイテ島沖海戦から地上戦まで、かく戦えり(未定)

    第三部.神風特攻隊とは何だったのか(未定)

    第四部.フィリピンから見たレイテの戦い(未定)

    マナビジン内での紹介記事(別サイトへ)

    特別企画:レイテ島慰霊の旅(レイテ編)

    【レイテ島慰霊の旅1/3】カンギポットを往く。密林に眠る数え切れないほどの悲劇の物語
    【レイテ島慰霊の旅2/3】リモン峠を往く。50日間米軍の猛攻に耐えた第1師団の戦い
    【レイテ島慰霊の旅3/3】レイテに降る涙雨。人は生まれる時代を選ぶことは出来ない。

    特別企画:レイテ島慰霊の旅(セブ編)

    セブ慰霊の旅(第1回)セブ事件がもたらした神風特攻隊の誕生秘話
    セブ慰霊の旅(第2回)招かざる征服者。フィリピン人にとっての日本軍
    セブ慰霊の旅(第3回)民間人の投降を許さなかった日本軍の罪と子供達の運命
    セブ慰霊の旅(第4回)観光地サンペドロ要塞近く、名もなき日本軍慰霊碑の秘話
    セブ慰霊の旅(第5回)日本兵に子供を殺されたキリノ大統領の決断〜戦時と今をつなぐ絆

    参考URLと書籍一覧

    参考URLと書籍の一覧はこちら

    ドン山本
    タウン誌の副編集長を経て独立。フリーライターとして別冊宝島などの編集に加わりながらIT関連の知識を吸収し、IT系ベンチャー企業を起業。 その後、持ち前の放浪癖を抑え難くアジアに移住。フィリピンとタイを中心に、フリージャーナリストとして現地からの情報を発信している。

    返事を書く

    Please enter your comment!
    Please enter your name here